Back Office Magazine編集部

Back Office Magazine
Back Office Magazine編集部

Back Office Magazine編集部

hiqers株式会社

士業と管理部門の存在価値をアップデートするメディア「Back Office Magazine」の編集チームです。明日からすぐに生かせるノウハウや、現場で戦う人の声など、ここでしか読めない情報を提供。士業・管理部門の方が集う場を作るとともに、その存在価値を広く世に伝え続けます。

Back Office Magazine編集部の記事一覧

レンタルオフィスとは?オフィスの選び方からメリットデメリットまで徹底解説 総務

レンタルオフィスとは?オフィスの選び方からメリットデメリットまで徹底解説

創業当初の初期費用を抑えたい場合は、シェアオフィスやレンタルオフィスをうまく活用しましょう。シェアオフィスやレンタルオフィスでの法人登記は違法ではありません。創業初期の資金繰りに、シェアオフィスやレンタルオフィスの活用は有効な方法です。
税理士の転職求人は売り手市場?20代・30代・40代の転職傾向や平均年収まで徹底解説 経理・税務

税理士の転職求人は売り手市場?20代・30代・40代の転職傾向や平均年収まで徹底解説

本記事では、税理士が売り手市場と言える理由から主な転職先、年代別の転職傾向まで詳しく解説しています。現在税理士として働いている人はもちろん、未経験で税理士転職を考えている人はぜひ参考にしてください。
転職サイトには登録すべき?解消したい疑問点や利用のコツを徹底解説! 人事・労務

転職サイトには登録すべき?解消したい疑問点や利用のコツを徹底解説!

当記事では「具体的にどんなサービスか」や「転職エージェントとの違いは何か」、「無料で利用できるのか」などの転職サイトにまつわる疑問点について解説しました。またおすすめの転職サイトや転職サイトを利用するコツも紹介します。
人事への転職を有利にする資格と情報を公開!人事未経験者の戦い方も解説! 人事・労務

人事への転職を有利にする資格と情報を公開!人事未経験者の戦い方も解説!

「人事職への転職を有利に進めるためにすべきことって何だろう?」 「企業は人事職にどんなことを求めているんだろう?」 このような疑問をお持ちではないでしょうか。 本記事では、人事職への転職をお考えの人に向け、下記を紹介してい...
【人事の志望動機】元人事が選ぶ良い例文とNG例を紹介!書き方のポイントも解説 人事・労務

【人事の志望動機】元人事が選ぶ良い例文とNG例を紹介!書き方のポイントも解説

「人事の志望動機は他の職種と書き方が違うって本当?」 「志望動機の例文やNG例をあらかじめ知っておきたい」 このようにお考えではないでしょうか。 本記事では、これから人事職の選考に挑むという人に向け、 必ず知...
経理の志望動機とは?未経験でも問題なく書ける志望動機をわかりやすく紹介! 経理・税務

経理の志望動機とは?未経験でも問題なく書ける志望動機をわかりやすく紹介!

志望動機の書き方は誰でも悩むポイント。いかに自分のことをアピールできるかが大切です。そのためには下準備が必要!経理経験者・未経験に関わらず、採用担当者に刺さる志望動機の書き方を解説します。
転職の必要書類とは?退職・入社時など状況別に必要書類を解説! 人事・労務

転職の必要書類とは?退職・入社時など状況別に必要書類を解説!

転職活動や退職時にはさまざまな必要書類の提出が必要です。耳慣れない名前も多いですが、複雑な計算や手続きは必要ないため、順番に1つずつ揃えましょう。転職活動・退職・入社時の必要書類の概要について解説します。
ベンチャー企業に転職するときの注意点とは?ベンチャーの特徴や実態を解説 人事・労務

ベンチャー企業に転職するときの注意点とは?ベンチャーの特徴や実態を解説

ベンチャー企業への転職の注意点として、思い込みだけではなく実態やメリット・デメリットを把握してから活動を始めることが挙げられます。ベンチャー企業の概要や実態の考察や転職のメリット、ベンチャー転職の注意点を解説します。
休職中に転職活動はしてもいい?違法性や事前に理解すべきポイントを解説 人事・労務

休職中に転職活動はしてもいい?違法性や事前に理解すべきポイントを解説

休職中の転職活動は違法ではありませんが、バレると応募先の企業からの印象は悪くなります。自身の健康状態を見ながら慎重に検討しましょう。休職中の転職活動の違法性やデメリット、活動する際の注意点などを解説します。
経理の将来性は?|企業の情報化・IT化が経理の仕事を変える 経理・税務

経理の将来性は?|企業の情報化・IT化が経理の仕事を変える

経理という職種に将来性はあるのでしょうか?企業のIT化や情報化が進み、AIが経理の業務を担うようになれば、経理は株式会社で不要になるかもしれない、という危惧があります。結論をいえば、従事する人は減るかもわかりませんが、経営戦略の立案など経営にとって必要な、スキルの高い経理の人材は重宝されるはずです。この記事では経理の将来性について解説します。
タイトルとURLをコピーしました